add_filter( 'filter_hook_name', 'filter_hook_add_name', 10, 2 ); funcion filter_hook_add_name( ){ // //PHPのコード // } アプリ プログラミング  | オンラインNOTE
お知らせ

アプリ プログラミング 

Swiftを使ってiPhoneアプリ開発をする際に知っておきたい10個のこと
開発にはMacが必要

・ipadの「Swift Playgrounds」

・Swiftを学習すると他のプログラミング言語を学ぶ敷居が下がる

・Swiftの文法は変わることがある

IllustratorやPhotoshopを操作できると有利

・Appleのお膳立てがある
→「インターネットに接続する」「地図を表示する」「加速度センサーの値を取得する」

「Xcode」というアプリケーションを使って開発します。

・アプリの公開にはお金が必要
→自分で開発したアプリを公開するには、1年ごとに99ドルをAppleに支払う必要があります。


アプリ開発ができるようになるためには基礎を身につけることが大切です。

ここではアプリ開発の基礎を身につけるための6つのステップをご紹介します。

具体的には次のステップがあります。

まずは作りたいものをイメージする(目安時間1時間)
アプリ開発に必要な準備(目安時間2日)
先にプログラミング言語を学ぶ(目安時間2週間)
動画で学びながら実際にアプリを動かしてみる(目安時間2週間)
アプリ開発の基礎を本で復習する(目安時間4週間)
実際に好きなものを作ってみる(目安時間4週間)
合計 約3ヶ月

●Android、iOSどっちをつくればいいか

Android、iOSどちらを選んでも作れる機能に差はないため好みの問題ですが、もしどちらを作るか悩むなら下記を目安にするとよいでしょう。

Android
Javaの学習経験がある
PCがWindowsしかない(※Macでも問題はない)
Android端末を持っている
iOS
PCがMac
iPhone端末を持っている.

Android・iOS開発に事前に必要なツールは次の通りです。

●Android開発で必要なもの
・インターネット環境
開発に必要なソフトやツールをインストールする際にネットでダウンロードすることがよくあります。そのため、インターネット環境は必須です。

・パソコン(WindowsでもMacでも可)
WindowsでもMacでも構いませんが、アプリ開発にはパソコンが必要になります。メモリはできれば8G以上が望ましいです。

・Java Development Kit (JDK)
Androidアプリを作るためのプログラミング言語であるJavaをPCにインストールする必要があります。Javaはこちらから無料でインストールすることができます。

・Android Studio (Android SDK)
Androidアプリ開発をする上で開発を楽にしてくれるツールです。このツール上でプログラミングを行い、実行することでAndroidアプリを起動させることができます。

Adroid Studioはこちらからインストールすることができます。

・Android端末(無くてもいい)
Android端末を持っていればその端末に開発したアプリをインストールすることができます。ただAndroid端末を持っていなくてもエミュレータという、PC上で動く仮装のAndroid端末を使ってそこでアプリを動かすことが可能です。

Android開発の現場ではGeny Motionというエミュレータをよく使います。「Geny Motion」はこちらからインストールすることができます。

●iOS開発で必要なもの
・インターネット環境
Android開発と同様にインターネット開発は必須です。プログラミングで分からないことがあったときの調べる手段としてもインターネット環境は用意しておくとよいでしょう。

・Mac
iOSアプリ開発にはMacが必須になります。Windowsでは開発ができません。それは後述するXcodeというツールがMac上でしか動かないため、iOSアプリ開発にはMacが必須となります。

・Xcode
こちらはiOSアプリ開発に必要なツールです。このツール上でプログラミングを行い、実行することでiOSアプリを起動させることができます。

・iPhone端末(無くてもいい)
Androidと同様に、iPhone端末を持っていればその端末に開発したアプリをインストールすることができます。

ですがiPhone端末を持っていなくてもシミュレーターというPC上で動く仮装のiPhoneを使って動作を確認することができます。こちらはXcodeに標準で付いているため、特に別途インストールをする必要などはありません。

●iOSアプリを作るならSwiftから学習するのがよいでしょう。

AndroidにとってJavaが王道であれば、iOSはSwiftが王道です。

・Androidアプリを作るにはJava、Kotlin、C#といったようなプログラミング言語がありますが、初心者であればJavaから始めることをおすすめします。

なぜなら、Android開発ではJavaでの開発が一番王道で、ネット上に情報が多くあるからです。

具体的な学習方法としては、ドットインストールというサイトでJavaの動画を見て1つ1つ真似るのが一番おすすめです。

どっとインストール
https://dotinstall.com/

swift
https://dotinstall.com/lessons/basic_swift_v2

java
https://dotinstall.com/lessons/basic_java_v2

●動画で学びながら実際にアプリで動かしてみる(目安学習期間:2週間)

アプリ開発もまずはドットインストールでの学習がおすすめです。

プログラミングを初めて間もない頃はツールの使い方や、メニューの位置すらもわかりません。

本でそれらすべてを事細かく記載してはくれないので、ドットインストールのようなノンカットでプログラミングの作業を実況してくれるサイトを使って学習するのがおすすめです。

Androidの動画はこちら .
https://dotinstall.com/lessons/basic_android_v2

iOSの動画はこちら
https://dotinstall.com/lessons/basic_iphoneapp_v3


  1. コーディングなしでもアプリを作る方法もある
    2章~3章ではプログラミングを通じてスマホアプリを作る方法をご紹介しました。

ですが、実はプログラミングをしなくてもアプリを作れる方法があります。

もしも「プログラミングは別にできなくてもいいから、簡単に早くアプリを作りたい」

という考えをお持ちであればこれからご紹介するサービスを利用してみるとよいでしょう。

4-1. 実際の店舗の集客手段としてアプリを作りたいならYappliがおすすめ

ただ、こちらは実際にメディアや店舗を運営している方向けのサービスであるため、個人で「ライトにアプリを作りたい」という場合には向いていません。

「実店舗の集客手段としてスマホアプリを使いたいんだけど」という人にとっては低価格で豊富な機能を実現できる素晴らしいサービスです。

4-2. 手軽に業務アプリを作りたいならappery.ioがおすすめ

「ブラウザで手軽に業務をアプリを作りたい」という人にはおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です