add_filter( 'filter_hook_name', 'filter_hook_add_name', 10, 2 ); funcion filter_hook_add_name( ){ // //PHPのコード // } プログラミング 知識(種類~基礎) | オンラインNOTE
お知らせ

プログラミング 知識(種類~基礎)

Java
Javaは汎用的でOSに依存しないプログラミング言語です。さまざまな言語のもとにもなっており、多くの現場で使われています。需要も高く、プログラマーには必須ともいえる言語です。

PHP
PHPとは、動的なWebページの生成に使われ、「サーバー上で動作する」プログラミング言語のことです。掲示板・問い合わせフォーム・ショッピングカートなどによく使われています。CMSで有名なWordPressもPHPを使用しています。

JavaScript
JavaScriptは、動きのあるWebページを作るためのプログラミング言語です。ポップアップの表示やカウントダウンの表示など、「ブラウザ上」で動作します。また前述の「Java」と名前は似ていますが、全く別のプログラミング言語なので注意しましょう。

C/C ++
「C言語」とは「ロボット・組み込み系」「ソフトウェア・OS作成」に使われる言語のことです。ただし、実際に動作させるためには「コンパイル」という行為が必要になります。一方「C ++」とは、C言語にオブジェクト指向という考え方を取り入れ、より効率的にプログラミンができるようになった言語のことです。C言語と互換性があります。

C#
「C#」はマイクロソフトが開発したプログラミング言語で、主にWindows向けのアプリケーション開発に使用されています。アプリケーションだけでなくUnityというゲームエンジンを使って、ゲーム開発に使われているのも特徴です。C言語やC ++との互換性はありません。

Python
Pythonはシンプルな文法が特徴的なプログラミング言語です。そのため、初心者におすすめの言語と言われています。「人工知能」や「機械学習」の分野で広く使用されています。

Pythonの関連記事はこちら

Ruby
Rubyは日本人によって開発されたオブジェクト指向のスクリプト言語です。フレームワークの1つである「Ruby on Rails」を使用することで、効率的な「Webアプリケーション」の作成が可能になっています。


・HTMLはサイト制作などに用いられるプログラミング言語です。
厳密にはプログラミング言語ではありませんが、プログラミングの初歩的な立ち位置にあり、PHPやJavaScript、CSSと組み合わせることでほとんどのWebサイトを作ることができます。

・Javaはいろいろなシーンで応用できるプログラミング言語です。
近年流行しているキャッシュレスアプリを始め、さまざまな場所で活用できるプログラミング言語のため、習得して損はないプログラミング言語

・PHPは前述したHTMLと組み合わせることで幅広いWebサイトを作ることが出来ます。
主にWebサービスに活用されるプログラミング言語

・Appleが開発しているプログラミング言語「Swift」です。
iOS向けアプリを作るSwiftは基本的にiOSアプリの開発に用いられています。


プログラミング言語は種類によってどう変わる?

プログラミング言語の種類によって、コンピュータへ命令を下す文章の書き方(コーディング)や活用方法が異なります。
需要も異なることから、プログラミング言語の種類ごとに大きな差が生まれているのも事実です。

具体的には、以下の2つのポイントがあげられます。

1、習熟難易度が違う
2、活用先の技術と需要が違う

1、習熟難易度が違う
プログラミング言語を学ぶうえで知っておきたいポイントが、種類によって「始めやすさ」が違う点です。
「始めやすさ」が変わる理由の1つとして「環境構築」の存在があげられます。

HTMLやCSSを始めとしたWebサイト向けのプログラミング言語の種類であれば、ブラウザを利用できる環境を用意するだけで実際に触れて学んでいくことができます。
一方で、環境を事前にインストールする必要のあるPythonや、サーバーを構築する必要のあるPHPなどは、学ぶまでの「始めやすさ」が違ってきます。

習熟難易度比較
プログラミング言語

環境構築のしやすさ 習熟のしやすさ
HTML 〇 〇
Java  × ×
PHP △ △
C# × ×
JavaScript〇 △
C++ × ×
Python △ △
CSS 〇 〇
Ruby △ △
COBOL × △
Swift 〇 △
※難易度は目安としての参考

2、活用先の技術と需要が違う
ディープラーニングの分野やスマートフォンアプリの開発など、活用シーンによって求められるプログラミング言語は異なります。
また、プラットフォームの普及に応じてプログラミング言語の種類の需要が違う点は注意が必要です。

例えば、PythonはAI開発などディープラーニングとの親和性が高く 、近年ではますます需要が高まっています。
iOSアプリの開発に向いている言語としてはObjective-CやSwift があげられますが、iOSという環境がなくなってしまえば需要が一気に薄れてしまうのも事実です。

プログラミング言語の需要に応じて平均年収も変わるため 、1つの言語を習熟しつつ、学んでいる言語と親和性の高いプログラミング言語を連鎖的に学ぶことをおすすめします。


用途別!プログラミング言語種類の選び方

1、スマホアプリに向いているプログラミング言語
スマホ向けアプリを開発する場合は、使われているOSによって傾向が異なります。
iOS向けアプリを開発したい場合は「Swift」や「Objective-C」がおすすめです。
一方、Android製品のアプリを作る場合は「Java」や「C#」、「kotlin」がおすすめのプログラミング言語としてあげられます。

2、ゲーム開発に向いているプログラミング言語
現在、ゲーム開発会社の多くでUnityという統合開発環境が利用されています。
そのため、Unityに使われることの多い「C#」や「JavaScript」といった言語がおすすめです。

ゲーム開発は会社によって好まれる言語が異なるのも事実です。
基本的にはUnityに使われるC#言語を習得すれば間違いはありません。

3、Webサイト制作に向いているプログラミング言語
Webサイト制作にはさまざまなプログラミング言語が用いられています。
中でも「HTML」と「CSS」はセットで活用されていることが特徴で、Webサイト制作向けプログラミング言語における入門書のような存在です。

「HTML」と「CSS」に「PHP」や「JavaScript」を組み合わせることで、より洗練されたWebサイトデザインを導入することもできます。
他にもWebサイト制作に向いているプログラミング言語はいくつかあり、日本人が開発した「Ruby」やプラットフォームに依存しない「Java」を活用することも可能です。

4、AIや機械学習に向いているプログラミング言語
AIや機械学習に用いられるディープラーニング技術において、特に存在感を発揮しているプログラミング言語が「Python」です。
他にも、Webサイトやツール作成にも応用することができます。

「Python」をAI分野で活かす場合は別途数学の知識 なども必要になってきます。
ディープラーニングなどAI分野に興味があって「Python」の学習を始める場合は、あわせて数学に対する知識も深めておきましょう。

5、oTに向いているプログラミング言語
IoTには「組み込みシステム」と呼ばれるコンピューターシステムが必要で、テレビ、洗濯機、エアコンといった家電や自動車などさまざまなものに使われています。

そんな組み込みシステムの開発には「C言語」「Java」「Python」といったプログラミング言語が用いられていますが、特に定められたプログラミング言語が使われているわけではありません。


プログラマーの種類

Webプログラマーにおすすめの資格
ゲーム系プログラマーにおすすめの資格
アプリケーションプログラマーにおすすめの資格
組み込み系プログラマーにおすすめの資格
通信系プログラマーにおすすめの資格
インフラ系プログラマーにおすすめの資格
汎用系プログラマーにおすすめの資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です